FC2ブログ

人気英会話教材ナビ

人気の英会話教材の効果を検証するサイトです。英会話教材を選ぶポイントをレビューし随時紹介して行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    カテゴリー
  1. | スポンサー広告
    キーワード
--/--/--(--)

この一冊で英語の総合力を養う!「ALL IN ONE」とは

この一冊で英語の総合力を養う!「ALL IN ONE」とは

『英文を前から読めない方へお勧めの一冊。』

ALL IN ONE英文を読むときにどうしても後ろから訳してしまうという方は初学者には多いのではないでしょうか。もちろん英会話で相手の話した事を後ろから訳している暇などはありません。英語を長い間勉強してきたが、会話ができないという方の中には英文を前から処理できないという方も多いでしょう。しかしこれではリスニング力が上がることはありません。
英語を読むという事はリスニング力向上にもつながります。訳すと言うよりは、目で英文をどんどん読み進め、目に入ってくる英文を日本語と同じように前から処理できるのが理想です。リスニングではリーディングで目で見て読んだ英文が音に置き代わるのです。前からスラスラ読めないものを、スラスラ聞き取ることは普通に考えで無理だと考えます。
前から英文を処理できるようになるには適切な方法で英文を多読する必要があります。多くの英文を読む事で英文を日本語に訳さずに前から頭で処理する習慣を身に付けます。
本書「All IN ONE」では通訳訓練で用いられる「スラッシュ・リーディング」という手法が取り入れています。スラッシュ(/=区切り)ごとに意味をとり,そこで「足りない情報」を前から順に追いかけられる習慣を身につけます。

もちろんリーディング力を向上させるには文法力、語彙力が必要です。語彙力を上げるにはインプットの方法として読むことだけでなく耳で聞くことも必要です。発音を覚える事でリスニング力も向上する効果もあります。「All IN ONE」それらをバランスよく学習できる好教材です。


本書の対象レベル

「All IN ONE」には約400の例文を学習する事で目安として、TOEIC700~800点くらいを取得するために必要な文法力、語彙力が身につきます。
ただ個人的な印象としては文法はこれ一冊で十分ですが、語彙に関してはTOEICハイスコアを目指す人には物足りなく感じるかもしれません。しかし、TOEICハイスコア取得には基礎力が必要です。難しい単語をただ多く覚えるよりも、これくらいのレベルの教材を反復して徹底的に基礎を固める事が何より重要だと考えます。

もちろん日常で使用できる表現も満載で、試験英語用の教材と言うことでもありませんので、音声データも利用しながら、文法力、語彙力=リーディング力=リスニング力をバランスよく身につけることができます。初学者から中級者の方の基礎固めにお勧めの一冊です。

この教材の優れた点のひとつとして、サポートの良さも上げられます。
公式のサイトでは学習Q&Aなど、本書で学習される方には有用な情報が満載です。
またこの「All IN ONE」以外にも良書が紹介されておりこちらの英語学習サイトランキングでは常に1位を獲得されております。

数多くある英語教材の中でも質もよく、コストパフォーマンスも良い良書です。
英語学習を始めたいが何から始めていいかわからないと言う方にも文句無くお勧めできる一冊です。

レビュー「DUO 3.0」「ALL IN ONE」比較

ALL IN ONE
ALL IN ONE高山 英士

Linkage Club 2007-09
売り上げランキング : 1867
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る

スポンサーサイト

    カテゴリー
  1. | 英文法
    キーワード
  1. | 語彙力
  2. | 英文法
  3. | リスニング
  4. | AllInOne
  5. | レビュー
  1. トラックバック:0
2009/07/25(土)

「English Grammar in Use」 購入の際の注意

「English Grammar in Use」 購入の際の注意

1.シリーズの種類について
Grammar in use シリーズには学習レベルの他、色々なバージョンがありますので購入する上でご注意ください。
学習レベル3段階の違いの他に、
・イギリス英語バージョン、アメリカ英語バージョン
・問題の解答付きバージョン、解答なしバージョン
・CD-ROM付きバージョン、CD-ROMなしバージョン
などが存在します。どれを選択するかは本人の用途によるでしょうが、当サイトでは教材のバランス、体験を踏まえ「イギリス版 中級」をオススメさせていただいております。

シリーズ一覧はこちら(Amazon)

2.付属CD-ROMについて
イギリス版に付属されているCD-ROMはオーディオCDではなく、PC(Windows2000~)用のCD-ROMです。CD-ROMにはテキストの内容に沿った練習問題が収録されていますので参考にしていただければと思います。

公式サイトでCD-ROMのデモが体験でき、実際に一部の問題を解くことができます。

ケンブリッジ大学出版局 in Useシリーズ 公式サイト(英語)
http://www.cambridge.org/elt/inuse/default.asp

CD-ROM体験ページ
http://www.cambridge.org/elt/inuse/EGUDemoWeb/EGU.html

CD-ROMが必要ないという方はCD-ROMなしのバージョンをより安価で購入する事ができます。
English Grammar in Use(CD-ROMなし)

(ちなみにアメリカ版は練習問題CD-ROMではなく、音声収録のオーディオCDが付属されていますのでその辺の好みも合わせて選択するのが良いかと思います。)

今回紹介した「イギリス版 中級 解答&CD-ROM付属」以外のバージョンについては、別の機会で紹介したいと思います。

・関連記事
「English Grammar in Use」 レビュー
    カテゴリー
  1. | 英文法
    キーワード
  1. | 英文法
  2. | GrammarInUse
  1. トラックバック:0
2009/04/19(日)

「English Grammar in Use」 レビュー

「English Grammar in Use」 レビュー

『英語で英語を学ぶ事の効果。文法の基礎を固めるにはこの一冊。 』

English Grammar in Use With Answers (Book & CD-ROM) : A Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Students of English , Intermediate『English Grammar in Use』とは簡単に言ってしまえば英文法がやさしい英語で解説されている教材です。
初版が発行されたのは1985年。文法書および文法レファレンスの基本書として世界中で採用されるている実績、歴史のあるテキストです。
構成としては見開き2ページがひとつのユニットになっており、左ページで文法の解説、右ページが練習問題になっています。一日1ユニットなど目標を決めて学習したり、苦手な文型から学習というような用途にも向いています。
学ぶ文型は現在形から始まり関係代名詞や仮定法などおなじみのものから、日本人が苦手としている冠詞や前置詞の使い方、「will」 と 「be going to」、「have to」と「must」の違いなど、初学者があまり意識していないが会話には必要不可欠な表現などが取り上げられています。
本書1冊で日常会話に必要な文法はカバーできます。本書を利用している英会話教室やベースにしている日本語の文法書も多い事からもオススメの教材です。


本書の対象レベル

本書レベル「Intermediate」は「Grammar in Use」シリーズの真ん中のレベルにあたり、他のレベルに初級=「Elementary」、上級=「Advanced」があります。「Elementary」は文法の学習を義務教育でしっかり終えている日本人にはやさし過ぎる内容だと感じます。文法がまったくわからない、自信がないという方、または本書を読んでみて英文がなかなか理解できないという方は「Elementary」にレベルを下げるのではなく、まず日本語の文法書である程度学び、簡単な英文を理解する事ができるようになってから「Intermidiate」に進んだ方が学習効率はいいのではないかと思います。
上級レベル「Advanced」は「intermediate」より一歩進んだ内容になりますが、使える英語を学習するという観点では「Intermediate」が最もバランスが良く作成されています。個人的には初級=学ぶ、中級=使う、上級=補うというイメージです。


実際に使用してみて感じた効果、感想

もう10年ほど前の話になりますが、語学留学中にこのテキストに出会いました。
当時の英語力はTOEICにして400点くらいで日常会話はほとんどできないレベル、当時通学していた語学学校で薦められたのがこのテキストでした。文法は日本の学校でたっぷりとやらされていましたので今更どうかとも思ったのですが、日本で学んだある程度の前提知識+英文法を英語で学ぶという習慣が身に付いたおかげで、会話力が飛躍的に伸びた経験があります。
例文や文法の解説ひとつひとつが日常で十分使用できる内容、生きた教材です。日本語の退屈な文法書とは違い、英文のリーディング学習ついでに文法を学習という感覚でも十分勉強になる教材だと思います。英文自体は高校レベルくらいまでの単語に抑えられ、あまり難しい単語は出てきませんのでさほどストレスを感じません。とは言え普段英文にあまり接していない方からすれば初めは大変かもしれませんが、英文法を学ぶのと同時に英文を英語で理解する習慣が身に付くという効果を期待する意味で、慣れるまでは根気良く学習を続けていただきたいと思います。
ボリュームもあり、ひと通り目を通すには時間もかかりましたが、書き込みなどでクタクタになって本棚にある本書を文法の座右の書として現在まで10年もの間利用し続けています。それだけオススメできる1冊です。


英語で英語を学ぶ事の効果。文法の基礎を固めるにはこの一冊。
English Grammar in Use With Answers (Book & CD-ROM) : A Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Students of English , IntermediateEnglish Grammar in Use With Answers (Book & CD-ROM) : A Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Students of English , Intermediate
Raymond Murphy

Cambridge Univ Pr (T) 2004-05-15
売り上げランキング : 4
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る



・関連記事
「English Grammar in Use」 購入の際の注意
    カテゴリー
  1. | 英文法
    キーワード
  1. | 英文法
  2. | GrammarInUse
  3. | レビュー
  1. トラックバック:0
2009/04/18(土)

英語学習者が選ぶ人気No.1の英語サイトはこちらでチェックしましょう。
英語学習ランキング
語学・英会話 ランキング
英語ブログランキング

FC2Ad

.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。